2014年12月20日土曜日

メニエール病の誤診断でステロイドの誤処方

めまいが2週間も続いたので近所の耳鼻科を受診した。最初の1週間はイソバイド、メリスロン、アデホスの「めまい止めの定番3点セット」が処方された。

ところが、これらがほとんど効かないばかりか、また右耳のつまりが再発した。今度は症状が出たので、「診断できない」とは言わせまいと、あえて同じ近所の耳鼻科に行った。

聴力検査の結果、メニエール病と診断された。前回の「定番3点セット」が効かない旨を受けて、「リンデロン」というステロイドが処方された。「イソバイド」は効かないので要らないと丁重にお断りしたら、別の利尿剤が処方された。どさくさ紛れに「トラベルミン」も。

「先生、それ酔い止めですよね?関係あります?」 と聞いてみたが、トラベルミンは「乗り物酔いの予防薬」で普段からかばんに入れておくと役に立つので、断らなかった。

さて、今回の主役である「リンデロン」。
リンデロン
強烈にだるくなるリンデロン

2日間はマジメに飲んだが、3日目にやめてしまった。内耳のつまりは取れたが、倦怠感と眼精疲労が著しい。 だるくてだるくてたまらないし、遠くのものがよく見えない。

たまりかねて後日メニエール専門医に診てもらったら、
めまいにステロイド出すなんて、ひどい医者だね。こんな副作用の強い薬に近寄っちゃダメ。
とのこと。リンデロンを出した耳鼻科医は、地元で親の代から長くやっている町医者の2代目なので、評判を落とすようないい加減な診断はしないだろうと思っていたが、とんだ勘違いだった。

0 件のコメント:

コメントを投稿