2013年10月12日土曜日

転職サイトの個人的な評価

転職サイトを使ってみた私の個人的な評価について。まだ書きかけ。随時更新予定。

イーキャリアFA

  • こちらの希望条件とは無関係に、マネージャークラスのものからパート・アルバイトに近いものまでごちゃまぜの新着情報メールが来る。もはやスパム。
  • indeedのようにパーソナライズしたメールを期待しても無駄。
  • 技術力の問題というよりも、おそらく案件数の問題だろう。
  • このサイトの案件数がお話にならないほど少ないために、パーソナライズしたメールを送りたくても送れないというのが実情ではないかと思われる。 

日経キャリアNET 

  • 運営会社はリクルートだけに、大手上場企業の求人ばかり。ベンチャー系はほとんどない。
  • たまに来るスカウトメールは、タクシー会社か運送会社のドライバーの募集。
  • こちらの職務経歴や希望条件とは無関係に送りつけてくる高飛車なやり方は、まさにリクルートそのもの。 

マイナビ転職エージェント

  • 転職エージェント(ヘッドハンター、人材紹介会社)の持つ求人情報を検索したり、スカウトを受けたりできるBizreachの後追いみたいな転職サイト。
  • 応募してみると、実際に生きていないような求人情報であることが疑われるような対応をする人材会社も多い。
  • 新着情報メールは、それなりにパーソナライズされたものが届くが、2~3回続けてほぼ同じ内容のこともあり、このサイトに集まる求人数がさほど多くないか、40代マネージャークラス向けの求人をほとんど持っていない可能性が高い。
  • 希望条件を「コンサルタント」系にパーソナライズすると、新着情報メールの求人は、税理士、会計士、司法書士ばかり届く。このサイトの案件数がよほど少ないために、かなり広めにタグ付けして、新着情報メールが送れない事態を避けているものと思われる。 

2013年10月5日土曜日

indeedで企業の直接求人情報を検索

転職人材業界というのは「数で勝負」の業界です。

インターネットには同じ求人情報が溢れかえっていることがあります。それは、必ずしも同じ企業が複数の転職サイトに求人情報を載せているためとは限りません。

応募が締め切られた求人情報を出しっぱなしにしておき、そこに応募してきた求職者の個人情報を集め、他社の求人への応募を薦めるという悪質な手口を使う人材紹介会社もあります。注意が必要です。

転職求人検索サイトindeedを使っていて、多数の転職サイトや人材紹介会社の同じ求人情報ばかり引っかかってくるようになったら、「企業からの直接求人情報」だけに絞り込んでみましょう。

indeedにアクセスして「検索オプション」へ。

 「検索対象サイト」を「企業採用ページ」に設定して検索します。

この検索結果のページで「この検索条件の新着求人をメールで受け取る」設定をすれば、メールでチェックすることができるようになります。