2017年6月15日木曜日

「諦めない」と「しがみつく」の違い

フリーランスで働いていた頃、平日の時間が自由に使えたこともあり、いろんなセミナーに参加しました。

起業家や経営者のセミナーに参加すると、よく聴くのが、
諦めなかったから今の成功がある
というメッセージ。その手のセミナーで薫陶を受けて「やっぱり諦めちゃいけないんだ」と頑張り続けてしまうのです。

今にして思えば、これは「偏った解釈」です。会社勤めに戻ってから、どういうわけか禅に興味をもつようになりました。そこで気づいたのは、
諦めない」と「しがみつく」は表裏一体
だということ。「諦めない」というとポジティブな感じ、「しがみつく」というとネガティブな感じがしますが、どちらも「続ける」という行為に変わりはありません。同じように、
諦める」と「しがみつかない」も表裏一体
です。「諦める」というとネガティブな感じ、「しがみつかない」というとポジティブな感じがしますが、どちらも「やめる」という行為に変わりはありません。
Taken from Pixabay
両者の違いは、結果だけなのです。


続けた結果、成功したら「諦めなかった」というポジティブな解釈になり、失敗したら「しがみついた」というネガティブな解釈になるだけです。

やめた結果、成功したら「しがみつかなかった」というポジティブな解釈になり、失敗したら「諦めた」というネガティブな解釈になるだけです。

だから、どこかで
諦めるな
というメッセージを聞いたら、それを鵜呑みにしてはいけません。「諦めない」と「しがみつく」を恣意的に使い分ける人たちに、私たちは騙されているのかもしれないからです。

もし今までやってきたことがうまくいかないとき、
諦めるな
の代わりに
しがみつけ
と言い換えてみましょう。こうすると、そのときの感情からちょっと引いたところで、現実を見つめ直すことができます。

0 件のコメント:

コメントを投稿