2012年10月29日月曜日

中国滞在中のインターネット接続

先週の出張で中国滞在中のインターネット接続について、いくつか面白いことがわかった。

空港に着いて、iPhone、iPadの電源を入れると、すぐにSoftBank提携先のChina Unicomに繋がったことを知らせるSMSが入ってくる。

一応、「設定」を開いて、ネットワークオペレータがChina Unicomになっていることを確認する。

また、Skypeなどの通信アプリを使う場合は、「データローミング」をオンにする必要がある。料金プランによっては、データローミングで従量課金されることがあるので、要注意。

課金の心配なく使うには、ホテルの客室の有線LANを無線LANに変換するポケットルーターがお薦め。

IOデータのAirPortを買って持って行ったら、思いのほか快適に使えた。

なお、中国政府禁止サイトにはアクセスできないばかりか、何回かアクセスしようとすると、セッションが切れる。

何気なくFacebookアプリを立ち上げたらエラーになり、SafariからGoogleでFacebookを検索しただけで(アクセスしてないのに)セッションが切れた。

こういうときは、再度ポケットルータに繋いだLANケーブルをソケットから抜いて挿し直せば、またインターネットにつながる。

ちなみに、青島国際空港からはFacebookに投稿できたところを見ると、国際空港はブロックがかかっていないのかもしれない。

0 件のコメント:

コメントを投稿