2015年10月4日日曜日

戦略とはやらないことを決めること

戦いを略すと書いて、戦略。だから、戦略とは「やらないことを決めること」なのだとか。
戦略の名のもとに、総花的にアクションを並べ立てる人たちは、戦略という言葉の意味を知らずに、なんとなく使っているわけです。恥ずかしいことですね。

やらないことを決めることの重要性は、企業や事業だけでなく、個人の転職にも当てはまる気がしました。そこで、私も将来の転職のために、やらないことを決めてみたいと思います。

やらないこと

私は、「自分の価値観・人生観に合わないこと」はしたくありません。
  • 金のためだけに働く
  • 付き合いの飲み会の二次会に出る
  • ヘッドハンターが勧めてきた案件に安易に応募する
    • 私の場合、コンサル業界は懲りているから、そこは明確に断る
    • ヘッドハンターの熱意にほだされて応募すると、応募先の会社も自分もがっかりするだけで時間の無駄
  • 既に多くの人が先行しているのに、後から入っても勝ち目のないことに手を出す
    • 仕事でも趣味でも同じ
「心身の安定を阻害すること」もしたくありません。
  • 集中力を阻害する飲み食い
    • 過剰に食べる=眠くなる
    • ちょっとした空腹に何かつまむ
    • テレビ、PC、スマホを見ながらの食事
  • 夜10時以降のPC
    • ビジネスでもプライベートでも
    • 意外に集中しすぎて睡眠時間を削ってしまう
  • 夜10時以降のスマホ
    • 意外に時間を浪費していることに気づかない
    • 睡眠時間を削ってしまう
↑このように、やらないことを明確にしておくと、判断が早くなる気がします。

0 件のコメント:

コメントを投稿