2009年5月7日木曜日

地球温暖化論VS懐疑論の両面から気候変動を捉える

地球温暖化に関する取り組みが毎日のように新聞の記事に載るようになった。

その一方で、ここへきて地球温暖化懐疑論に関する本も目立っています。片方の本だけ読むと、もう片方の理論が疑わしく思えてしまう。(そうやってメディアはマッチポンプ商売をしているわけだ。)

でも、両者の理論を読み比べてみると、
地球温暖化・・・というよりも地球の気候システムってわからないことだらけなんだ
ってことが認識できるようになった。

その読み比べができる資料が、エネルギー資源学会のウェブサイトにある。

地球温暖化:その科学的真実を問う」と題して、アラスカ大学の赤祖父教授、東工大の丸山教授などの地球温暖化懐疑論者と国立環境研究所の江守さんら地球温暖化研究の第一人者とのメール討論がPDFで掲載されている。

これは、地球温暖化に関心がある人にも、「地球温暖化ってホントのところ、どうなの?」と思っている人にも、一読の価値がある。

とはいっても、このメール討論は、ほとんど論点が噛み合っていない。だから、ポイントがわかりづらい。しかも、1対1の討論ではないのでなおさらだ。

そこで、「東工大の丸山教授VS国環研江守さん」に限って、私なりに論点を整理してみたい。丸山教授の論点は、
過去千年間でここ数十年のような気温上昇はなかったというIPCCの認識に誤りがある。もっと古気候をよく調べてみると、ここ数十年のような気温上昇が過去にもあった可能性がある。
だとすると、過去千年間のCO2濃度は百年前までほぼ一定のはずだから、過去の気温上昇の要因は温室効果ガスではないということになる。
というところにある。論点が噛み合わないのは、丸山教授が
過去千年間の気温がほぼ一定であったとする古気候(いわゆるホッケースティック)をベースとする気候モデルに問題がある。
と指摘したことに端を発している。これに対して江守さんは、
そもそもIPCCの気候モデルのパラメータに古気候のデータは含まれていない。
と反論している。気候モデルというのは、簡単に言えば、「地表面を立体的なメッシュで区切って気候をシミュレーションするもの」で、20世紀の気温上昇を再現するようにパラメータと数式を与えて創り出すものだ。

パラメータと数式を与えられるのは、「メカニズムがある程度わかっていて数値化できるもの」に限られる。したがって、
古気候データなんか使うわけない
という江守さんの反論は、私にも理解できる。この点については、丸山教授が誤解しているか、丸山教授の指摘の仕方が誤解を招いたかのいずれかではないかと思われる。ただ、丸山教授の指摘の背景には、
過去千年間でここ数十年のような気温上昇はなかったというIPCCの認識に誤りがある。 
もっと古気候をよく調べてみると、ここ数十年のような気温上昇が過去にもあった可能性がある。 
だとすると、過去千年間のCO2濃度は百年前までほぼ一定のはずだから、過去の気温上昇の要因は温室効果ガスではないということになる。
という考え方があり、それについては議論になっていない。もう一つの論点として、
縄文杉に含まれる炭素同位体δ13Cの量の変化を古気候の温度計として利用することができる
という丸山教授の仮説の妥当性がある。これに対する江守さん側の反論は、
炭素同位体δ13Cの量の変化は、個体の生育環境に左右される部分が大きく、それが古気候の温度計にはなりえない
というものだ。これについては、丸山教授が縄文杉の炭素同位体δ13Cの量の変化を年単位で測定し、それがここ最近の気温変化と合致しているかどうかを確かめるそうだ。

その結果が出るまでは仮説の域を出ないので、水掛け論になってしまうのは仕方ない。

とは言え、このメール討論は、懐疑論とその反論を読み比べることができるという点で有意義だ。

エネルギー・資源学会は、この続きをやるのかな??

0 件のコメント:

コメントを投稿